胃捻転‐胃拡張症候群

先日、体重60kg005.gifのグレートデンのPちゃん、お腹が張っている、元気ないと来院されました。
↓ こちらは術後元気になったPちゃん。
a0214249_1343241.jpg


レントゲン検査の結果、「胃拡張‐胃捻転症候群」と診断。
大型犬を飼われている方はこの病名ご存知の方が多いのですが、放っておくと死に至る病気です。

                        捻転
                         ↓
                       血流障害
                         ↓
                     胃の虚血、壊死
                         ↓
                      壊死部で穿孔
                         ↓
                       腹膜炎
                         ↓
                     敗血症性ショック
                         ↓
                        死亡




今回も緊急手術として対応しました。
開腹すると、ガスで胃がパンパン・・・
a0214249_1316232.jpg

Pちゃんは胃が180°捻転していました。
胃の近くの脾臓も血流障害を受けていたので同時に摘出し、無事手術は終了042.gif
a0214249_13163316.jpg

傷口は痛々しいですが、術後の経過も良好でまた元気なPちゃんに!
元気すぎてぶれてますが・・・037.gif
a0214249_13271022.jpg


吐きたくても吐けない、食後に運動してしまった、お腹が張ってぐったりしているなどの症状は
この病気が疑わしいです。
放置すると数時間で死亡する場合もありますので、みなさん気を付けてくださいね。

by yasunaga_dog-cat | 2015-04-21 14:40 | 診療 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://yasunagadc.exblog.jp/tb/21143831
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。